保管付 宅配クリーニングサービスおすすめ4社の口コミ・比較まとめ メリット・デメリットは?<2019年版>

皆さんはシーズンオフの洋服をどこに保管されていますか。自宅のクローゼットという方が多いと思いますが、保管付の宅配型クリーニングを利用すればクリーニングだけでなく保管までしてもらえます。
シーズンオフ衣料の預け先としておすすめの、保管付宅配型クリーニングサービスをご紹介します。

保管付 宅配クリーニングサービスとは?

保管付の宅配型クリーニングサービスは、クリーニングと数ヶ月の保管がセットになったサービスです。主な特徴は次の3つです。

保管期間は半年以上!シーズンオフの衣料がクローゼットを占領しません

宅配クリーニング業者がクリーニングした洋服を半年以上保管してくれるサービスですから、冬物であれば春~夏の期間に保管してもらえます。自宅のクローゼットに余裕が出て、お部屋の中もすっきりきれいになるかもしれませんね。

箱に詰めて送るだけ!クリーニング店まで運ぶ必要がありません

依頼する際は、クリーニングしたい洋服を指定のボックスや袋に詰めて宅配業者に渡すだけでOK。自分で梱包材を用意する必要はありませんし、何より持ち運ばなくていいので、手間や時間がかかりません。

一律料金だからコートやダウンジャケットも追加料金なし

料金体系は、5点で○○○○円など洋服の点数に応じたパック料金制で、アイテムごとの料金設定はありません。通常、クリーニング料金が割高なコートやダウンジャケットも含めて一律料金ですので、とてもおトクです。

次に、保管付 宅配クリーニングで代表的な下記4社のサービスを、詳しくご紹介していきます。
・Wash Closet.(ウオッシュ クローゼット)
・カジタク
・プラス・キューブ
・リネット保管

Wash Closet.(ウオッシュ クローゼット)

「Wash Closet.」は、宅配クリーニングサービスに加えて最大7ヶ月の無料保管サービスを利用できます。80年の歴史を持つ老舗クリーニング店と宅配クリーニング専門業者ネクシーが手掛けており、質の高いサービスが受けられます。
ご紹介する4社の中では最もリーズナブル(スタンダードプラン7着パック8,400円~)。一番点数の少ない7着のプランでも、1着あたり1,200円という良心的な料金設定です。「手仕上げ・シミ抜き・毛玉取り・ほつれ直し・ボタン直し」といったオプションサービスが標準でついていますし、保管料金はプラン料金に含まれていますので、コストパフォーマンスがとても高いサービスです。
さらに、「抗菌・防虫・防カビ」などのサービスが加わるプレミアムプラン(7着パック14,000円~)もありますので、上質な衣類の保管もおまかせできます。

Wash Closet.の特徴

・最大7カ月間の無料保管が利用ができる
・手仕上げや補修など、標準オプションサービスが充実
・返却10日前に保管庫から出し、仕上げのクリーニングをしてくれる

Wash Closet.の料金

プラン名 料金(税別)
スタンダードプラン 7着:8,400円(1,200円/着)
10着:11,000円(1,100円/着)
15着:15,000円 (1,000円/着)
プレミアムプラン 7着:14,000円(2,000円/着)
10着:18,000円(1,800円/着)
15着:24,000円 (1,600円/着)

Wash Closet.のレビュー・口コミ、評判

毎日夜遅くまで働いていた時に、洗濯やクリーニングをする時間を全く取れなかったので、宅配クリーニングサービスを利用しました。受け取り日や時間を指定でき、自分の限られた時間を有効活用できるので便利だと思いました。
また、いっぺんに出すことで割引にもなり結果的に安上がりに節約できていると思います。忙しい人にはおすすめです。

Aさんの場合 30代 女性

もともと集荷式の宅配クリーニングを利用していましたが、新しいサービスがあるということなどで利用してみました。クリーニングをもっとも利用するのが春と秋で、とくに春は冬物をクリーニングしたあとの処理が大変でしたがこちらは宅配型なので楽です。
ただ何を預けたのか把握していないと急な旅行や海外出張のときなどお目当ての服が見つからないなんてことになりますので注意が必要です。

Bさんの場合 30代 男性

衣替えの時期に利用しています。保管に気を使う革製品を取り扱ってくれるとありがたいですね。 本革のライダースジャケットなど昔はオールシーズン着ていましたが、最近は着ることもなくなったためこういう扱いに注意する衣料を長期保管してくれるサービスを始めてくれるとうれしいです。

Cさんの場合 50代 男性

公式サイトで見る

カジタク

「カジタク」は、紹介する4社の中で最長の9ヶ月間、衣類の保管をしてくれる点が大きな特徴。しかも保管料は無料です。9ヶ月という長期間であれば、4月に預ければ12月まで保管できますので、ダウンジャケットや厚手のニットなど、着用期間が短くてかさばる洋服の保管に向いていますね。
料金は比較的リーズナブルで6着パック9,000円~。1着あたり1,500円から利用できます。標準でついているオプションサービスは「くすみ・変色・カビ・静電気防止・簡易シミ抜き」です。
そしてプレミアムプラン(6着パック15,000円~)では、老舗クリーニング店「白洋舎」でのクリーニング、手仕上げ、簡易補修が受けられます。白洋舎でのクリーニングであれば品質面での安心感が大きいですね。

カジタクの特徴

・最大9ヶ月間の長期無料保管が利用ができる
・簡易シミ抜き、カビ・静電気防止が標準オプション
・受け取りから14日以内であれば再仕上げを依頼できる(他社は7日以内が多い)

カジタクの料金

プラン名 料金(税別)
通常プラン 6着:9,000円(1,500円/着)
10着:12,000円(1,200円/着)
15着:15,000円(1,000円/着)
プレミアムプラン 6着:15,000円(2,500円/着)

カジタクのレビュー・口コミ、評判

家まで集荷に来てもらえて終わったら家まで配達もしてくれるので、たくさんの衣類をクリーニングに出したり持って行ったりという手間から解放されてとても便利ですし、ロングのダウンコートなどという追加料金のかかるようなアイテムでも一律料金でわかりやすいので助かります。

Aさんの場合 20代 女性

公式サイトで見る

プラス・キューブ

「プラス・キューブ」は、デザイナー出身の社長による、衣類へのこだわりが詰まった宅配クリーニングサービスです。
標準プランのキューブセレクト(5着パック8,500円~)でも、「客単位で個別洗い・手仕上げ・抗菌・防臭・静電気防止・シミ抜き・静止乾燥・立体仕上げ」といったオプションが標準となっていて、サービスの充実度が高いと言えます。特に個別洗いや静止乾燥は他社にはないサービス。5着パックで1着あたり1,700円と4社の中で最も高い料金設定になっていますが、サービスの質を重視する方におすすめです。
プレミアムプランのキューブプレミアム(5着12,500円~)では、「シャキッと加工・しなやか加工」がプラスされます。
保管は最大8ヶ月まで対応していますが、1着あたり200円の保管料が発生します。コスト重視の方には気になる点かもしれません。

プラス・キューブの特徴

・標準オプションサービスが充実している
・他社にはないこだわりのサービス(個別洗い・静止乾燥)がある
・保管期間は最大8ヶ月だが、保管料が別途200円/着かかる

プラス・キューブの料金

プラン名 料金(税別)
キューブセレクト 5着:8,500円 (1,700円/着)
10着:16,000円 (1,600円/着)
20着:26,000円 (1,300円/着)
キューブプレミアム 5着:12,500円 (2,500円/着)
10着:24,000円 (2,400円/着)
20着:38,000円 (1,900円/着)

プラス・キューブのレビュー・口コミ、評判

仕事着であり勝負服のスーツを近所のクリーニング屋さんに出すのに抵抗があってプラスキューブを利用しました。 ネット予約で来店する手間もいらず配送業者さんが取りに来てくれました。1セット7500円のセット価格で値段も手ごろですしなんといっても仕上りが素晴らしかったです。水洗い洗浄をしても繊維に影響を与えないシステムらしいのですが見違えるくらい綺麗になったので驚きました。 こんどは普段着の方もクリーニングをお願いしようかと思っております。

Aさんの場合 30代 男性

公式サイトで見る

リネット保管

「リネット保管」は、クリーニングの仕上がりと衣類の保管の両方にこだわりを持つサービス。
クリーニングは、標準プランでも「プレミアム仕上げで繊維がよみがえる」のが特徴で、保管については最適な温度・湿度管理を行い、アパレルブランドと同等の保管環境を備えています。
料金プランは、標準プランのプレミアムクローク(7着パック9,800円~)では、「シミ抜き・汗抜き・毛玉取り」が無料。さらに、衣類本来の風合いを取り戻しながら、光沢や滑らかさをプラスする加工も施されるとのこと。
ただし、保管料が月単位で1着175円かかる点には注意が必要です。例えば、7着を8ヶ月保管する場合は「175円×7着×8ヶ月=9,800円」と、保管料だけで約1万円かかることになります。
プレミアムクローク リュクス(7着16,800円~)では「手仕上げによるデラックスなクリーニングと 撥水/防汚加工、花粉ガード加工」などのサービスが加わります。

リネット保管の特徴

・プレミアム仕上げで繊維がよみがえる
・衣類に優しい保管環境
・保管期間は最大8ヶ月だが、毎月175円/着の保管料がかかる

リネット保管の料金

プラン名 料金(税別)
プレミアムクローク 7着9,800円(1,400円/着)
12着16,800円(1,400円/着)
18着24,800円 (1,400円/着)
プレミアムクローク [luxe] 7着16,800円(2,400円/着)
12着28,800円(2,400円/着)
18着42,800円 (約2,378円/着)

リネット保管のレビュー・口コミ、評判

20代の頃、お気に入りのパンプスを汚してしまいました。スウェードと合皮のパンプスで自分で洗うには難しかったため、ネットで調べてリネットにお願いすることにしました。
宅配クリーニングというサービスは初めての利用だったので大丈夫かなと不安はありましたが、案内通りに靴を郵送し、しばらくすると綺麗になって戻ってきました。 靴のクリーニングなんてあまり聞かないですが、送るだけで綺麗にして頂けて本当に感謝しています。素晴らしいサービスだと思います。

Aさんの場合 30代 女性

自宅までクリーニングする洋服を取りに来てくれて使わないシーズン中は環境のいい場所で保管してもらえるので、クローゼットにゆとりができるし、傷むこともないので良い。
服が戻ってくる時もプランによっては日時指定ができるので便利に使える。クリーニング自体も独特の香りが少なく、届いたらすぐ着れるような状態。追加料金でプラン以上の点数を預けることができるのも魅力的。
そしてネットで申し込みができることも良い。早割もありそんなに料金が高くない。

Bさんの場合 30代 女性

お値段が少々かかるのが気になりますが、宅配クリーニングサービスというだけあって、自宅から簡単依頼できて待ってるだけで家に届けてくれる上、普通あまり取り扱いのない商品までクリーニングの対応をしてくれるわけですから、大事な物、高価な物をクリーニングしたい場合は、とても便利なサービスです。
それゆえお値段も相応だと思います。また何かあれば利用したいと思います。

Cさんの場合 40代 女性

公式サイトで見る

まとめ

保管付宅配クリーニングで代表的な4社のサービス内容をご紹介しました。コストパフォーマンスでは「Wash Closet.」、標準オプションの充実度では「プラス・キューブ」、保管環境では「リネット保管」が、それぞれ優れています。
自分に合ったサービスを選んで、手間なくクローゼットをすっきりさせましょう。
※2019年3月に集めた口コミをもとに構成しています。最新の情報は各サイトでご確認ください。

NEXT