<2019年版>ソーシャルギフトサービスおすすめサービスまとめ

SNSやLINEで気軽に贈れるプチギフト、それがソーシャルギフトサービス。日頃の感謝やお祝いメッセージと一緒にちょっとしたギフトを贈られたら、幸せでほっこりした気分になるのではないでしょうか。
住所を知らなくても思いついたらすぐ贈れる、ソーシャルギフトサービスをご紹介します。

giftee(ギフティ)

gifteeの特徴

  • 100円から贈れるカジュアルギフト
  • 取扱商品はカフェやコンビニのドリンク券や各種チェーンの利用券などが中心
「giftee(ギフティ)」は、株式会社ギフティの運営しているサービスで、100円から気軽に利用できる点が特徴です。
「Thank you」や「Merry Cristmas」など、シーンに合わせたおしゃれなギフトカードを添えることもできますよ。

公式サイトで見る

LINEギフト

LINEギフトの特徴

  • 100円以下からLINEで贈れるギフト
  • 取扱商品はカフェやコンビニのドリンク券や各種チェーンの利用券などが中心
  • 決済にはLINEペイ、LINEポイントも使える
LINEから簡単に利用できるのが「LINEギフト」です。
取り扱っているギフトは、gifteeと同様にコンビニや飲食チェーンなど日常的に使うことのできる内容・価格帯がメインとなっていますが、伊勢丹ギフトやフラワーギフトなど、ちょっと本格的なものもあります。

公式サイトで見る

cotoco(コトコ)

cotocoの特徴

  • 100円から贈れるカジュアルギフト
  • 取扱商品はカフェやコンビニのドリンク券や各種チェーンの利用券などが中心
  • 「選べるcotoco」という相手が選べるスタイルもある
  • 決済にはpontaポイントが使える
「cotoco(コトコ)」は、SK planet Japanが運営する韓国発のソーシャルギフトサービスです。
特徴は、「選べるcotoco」というサービス。これは贈り主が選んだいくつかのギフトの中から、贈られた相手が自分の欲しい商品を選ぶことができるというものです。相手が欲しいものがわからない場合や、相手に選んで欲しい場合などにうれしいサービスですね。

公式サイトで見る

ポチッとギフト

ポチッとギフトの特徴

  • 利用できる店舗は少なめ
  • バリエーション豊富なメッセージカード
  • 楽天ペイや永久不滅ポイントでの支払いもできる
「ポチっとギフト」は、ソフトバンクグループが運営しています。メッセージカードに豊富なオプションを付け加えることができるので、バリエーションに富んだ、個性豊かなメッセージを添えることが可能です。
100円から贈れますが、他サービスに比べると利用できる店舗は少なめなのが難点。チェーン店では「セブンイレブン」「サーティワン アイスクリーム」「モスバーガー」「ケンタッキーフライドチキン」の4つだけとなっています。

公式サイトで見る

Gift Pad(ギフトパッド)

Gift Padの特徴

  • フォーマルに贈れる
  • 高価格帯中心のギフト
  • カタログギフトや体験ギフト
「Gift Pad(ギフトパッド)」は、フォーマルなソーシャルギフトサービス。
3,000円~10,000円がメインの価格帯で、カタグロギフトや、特別感のある食品や体験、生活雑貨などバリエーション豊かなラインナップになっています。
内祝いやビジネスシーンなどの、あらたまった場面におすすめです。
贈り方は、メールやSNSの他、カードでも贈ることができます。

公式サイトで見る

まとめ

ソーシャルギフトサービスを使えば、友達や同僚との距離が少し縮まるかもしれませんね。
カジュアルなギフトなら、「giftee(ギフティ)」「LINEギフト」「cotoco(コトコ)」のサービスに大きな違いはありません。使えるポイントやメッセージカードの好みなどをチェックしてみてください。
※2019年3月に集めた情報をもとに構成しています。最新の情報は各サイトでご確認ください。

NEXT